華やかなシャンソン♪

2月16日(土)に聴松閣地階多目的ホールで、イブニングイベント

「プティパリ スペシャルライブ IN YOKISO」が開催されました。

東区東桜にある「プティパリ」所属歌手のみなさんと満員のお客様が

楽しいひと時を過ごされました

 


地域と共に 絵画展

昨年11月に聴松閣の展示室で行われた「第三回城山覚王山絵画展」の

優秀作品展が、千種区役所の「あじさい広場」で開催中です。

3月7日(木)まで開催していますのでお早めにお越しください。

 


100年前の仲間たち 定期セミナ

1月の定期セミナーは、

「パルク・ハリハランと長谷川傳次郎」

NPO法人揚輝荘の会会員 田中進を講師に、祐民とゆかり深く、

4ケ月の東南アジア仏跡巡拝旅行にも同行した、ハリハランと

長谷川傳次郎の、祐民との関わりや芸術家としての事績を

詳しく解説。講師の熱心な研究による新しい発見もあり、とても

楽しいセミナーになりました。

 


貴重なインド更紗糸杉模様訪問着

 聴松閣二階第7展示室で第23回企画展

「パルク ハリハランと長谷川傳次郎 展」が開催されています。

入口にはインド更紗糸杉模様訪問着が展示してあります。

(祐民夫人千代 使用 娘秋野百合子の子息 秀夫氏 所有)

 この訪問着は昭和10年頃に印度人ハリハランの描いたもので、

着物の裾から糸杉模様(イスラムでは生命の樹)が伸びてくる意匠は、

絵羽の着物に使いやすい柄の配置といわれています。

 この企画展ではその他にも、ハリハラン作の陶芸品や長谷川傅次郎が

撮影したインドの写真も展示してあります。

 3月31日(日)まで開催していますのでぜひ揚輝荘南園聴松閣へ

お越しください。

 


異色のコラボ 定期公演

1月20日(日)11時と13時半の定期公演

今年の定期公演は、名古屋音楽大学の卒業生で結成された

Trio anon(トリオ アノン)の、ピアノ・サックス・箏に

よる異色のコラボコンサート。伝統を大切にしつつも常識に

とらわれない自由な音楽で幕を開けました!

満席となった会場のお客様は、素敵な演奏に聞き惚れておられ

ました。

 


伝統行事 〜お帳綴じ〜

1月11日(金)揚輝荘では、「商家の伝統行事・お帳綴じ」見学会が

行われました。参加者の皆さんは伴華楼1階応接で行われた説明を熱心

に聞かれ、2階座敷では身を前のめりにして家訓を浄書しているところを

見学されました。多くの質問も寄せられ皆さん大変喜んで頂きました。

 


2019年 新しい年を迎えて

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年はたくさんの皆さまにご来園いただき

ありがとうございました。

本年もスタッフ一同皆さまのお越しを心よりお待ち

申し上げております。

平成31年4月から南庭園の一部が公開になります。

こんな聴松閣をご覧いただけます。

 


| 1/18PAGES | >>