• 揚輝荘の日々TOP

  • 最新の詳しい情報はこちら…

    揚輝荘 公式ウェブサイト




    揚輝荘Facebookはこちら…



    過去のブログはこちら

    地域と共に 絵画展

    昨年11月に聴松閣の展示室で行われた「第三回城山覚王山絵画展」の

    優秀作品展が、千種区役所の「あじさい広場」で開催中です。

    3月7日(木)まで開催していますのでお早めにお越しください。

     


    貴重なインド更紗糸杉模様訪問着

     聴松閣二階第7展示室で第23回企画展

    「パルク ハリハランと長谷川傳次郎 展」が開催されています。

    入口にはインド更紗糸杉模様訪問着が展示してあります。

    (祐民夫人千代 使用 娘秋野百合子の子息 秀夫氏 所有)

     この訪問着は昭和10年頃に印度人ハリハランの描いたもので、

    着物の裾から糸杉模様(イスラムでは生命の樹)が伸びてくる意匠は、

    絵羽の着物に使いやすい柄の配置といわれています。

     この企画展ではその他にも、ハリハラン作の陶芸品や長谷川傅次郎が

    撮影したインドの写真も展示してあります。

     3月31日(日)まで開催していますのでぜひ揚輝荘南園聴松閣へ

    お越しください。

     


    揚輝荘クイズ大盛況!

    今、揚輝荘では「揚輝荘なぞなぞクイズ」を実施中。

    見学・散策するだけでなく、揚輝荘のことが分かり、

    子供でも大人でも楽しめ、そして記念の景品がもらえ

    ちゃいます!

    本日はクイズが大盛況で、北園だけで32名の参加が

    ありました。学校の宿題?の調査で訪れた小学生と

    親御さんや、日本に留学中の学生さんも挑戦!

    (写真はその学生さんです。いい笑顔とポーズありがとう!)

    揚輝荘へ来て、あなたも挑戦してみる?!

     


    企画展「聴松閣 再発見」が始まる!

    みなさん、お待たせいたしました。

    12月23日(金)より企画展「聴松閣 再発見」が始まりました。

    さあ、マップを片手に探検しましょう。

    同時に「揚輝荘の瓦とタイル」も開催されました。

    実際の瓦も展示されていますのでこの機会にぜひご覧ください。


    企画展示:『聴松閣の建築 再発見』のお知らせ

    全国の聴松閣ファンの皆様お待たせいたしました。

     

    2016年12月23日より、ついにあの企画が

     

    実現いたします。

     

     

     

    聴松閣の建築 再発見

     

     

     

    始まる前に一度下見をしてみては?

     

    気になる方は左のバナーを今すぐクリック。

     


    | 1/1PAGES |